デザイン性を求めるなら自由度が高い注文住宅が断然おすすめ

一軒家

注文住宅は建てて終わりではありません

電卓と家

これは私の知人の話なのですが、知人は念願の注文住宅を10数年前に建てました。外観も内装も素敵で、まさに理想通りの家が建てられた事で本人もとても満足していました。
しかし、そこで満足をしてしまったのか、その後その知人は全くと言って良い程、家のメンテナンスをしていません。外の掃除だったりも疎かなようで、新築時にはあんなに素敵だった家も今は見る影もありません。外壁の塗装であったり屋根の塗装もかなり古くなっているようで、はがれたりひび割れたり、カビのような黒くなっている部分があったりしています。そろそろリフォームをした方が良いんじゃないかと言ってみてもその場では同意しますが、一向に実行にうつしません。
このままあの素敵だった注文住宅が古びて汚くなっていくのを見続けるのかと思うと、家主ではない私でさえ少し悲しい気持ちになります。せっかく念願の綺麗な注文住宅を建てても、その後のメンテナンスをしっかりとしないと建物ですからすぐに劣化していきます。日頃の掃除や植木などの手入れはもちろん、必要な時にはリフォームをして新築の素敵な状態を保たないとあまり意味がないなと思いました。
注文住宅は建てて終わりではなく、その後も素敵な状態を維持できるようにしていきたいものです。